「写真展に行ってきました」

今回はネコの写真展で知り合いになった、メゾンドネコで行われた高橋力さんの「Tattoos on the wall」を見に行きました(^_^)
画像

前の書き込みでも書いたように、今日は高橋さんが18時まで在廊と勘違いしていたので、どうしようかと思いましたが明日は最終日で閉廊時間も早いので行けないため、急いで準備をして出かけました(^_^)

高橋さんの写真展は2018年の5月に行われたグループ展の「時を切りとる三人展」以来ですが、あの時は閉廊ギリギリで間に合ったのですが、今回はじっくり拝見させて頂きました(^_^)

展示内容は端的に言ってしまえば「壁」の写真ということになりますが、前回の展示の私の書き込みを見返してみると、その時は中国の壁の写真でしたが、今回は日本や中国、台湾などの写真も含まれています(^_^)

で、壁の写真と書きましたが、もちろん単なる壁ではなく朽ち果てて行く姿を捉えた写真で、まさにタイトルがしっくりくるような写真です(^_^)

新品だった壁が長年経過して、ボロボロになりつつあり、やがては朽ち果ててなくなってしまうであろう変化が、壁に刻まれたタトゥーと言うのも頷けます(^_^)
いずれは無くなってしまうであろう光景を、見つける嗅覚とどう切り取ると良いのかというセンスが相まって、普通の人なら見過ごしてしまうような光景を見逃さない高橋さんのまさに「力」を感じます(^^;)

展示風景は以下ような感じです
画像

真ん中の写真は50×50cmと大型です
画像

左端に写っている写真は前の写真と同じ写真ですが、展示方法で印象が変わります
画像

またこの写真には写っていませんが、最初の真ん中の写真を右側のように額装した写真も置いてあり、欲しいという方は色々な額装の仕方を注文できるようです(^_^)

何点かは既に売約済みですが、写真が売れるのは羨ましいですね(^_^)
もちろんそれだけの価値がある作品ばかりです(^^;)

私が着いた時には、お客様はいなかったと思うのですが、その後続々と人が来場し、賑わっていました(^_^)
これも高橋さんの人柄のおかげではないかと思います(^_^)
ネコ友も結構いらしたので久々に再会し、お話をする機会を得ることもできたので、行ってよかったと思わせる写真展でした(^_^)
そのため高橋さんと余りお話をする時間もありませんでしたが、最近家が壊されて新しい建物が建っているということは何回か書いていますが、その時に家を取り壊した後にそのお隣の家に染みついた、壊された家の記憶も良いですよね~という話をしましたが、これは本当に瞬間で無くなってしまうので、私もとりあえず撮ってみたりしますが、それは自分ではまとめてはいないので、ネコとは別のテーマとして探してみようかな~(^^;)

何だか書洩らしていることがあるような気がしますが、見ていて飽きない写真展です(^_^)

明日は最終日で17時までとなっておりますので、お気をつけ下さいm(_ _)m

以下のボタンをポチッと押して頂けると、ちょっとありがたいです(^_^)
    ↓
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック